パチンコ初心者講座 大当たり中の遊び方

このページでは、大当たり中の遊び方、気をつけるべきことは何かを解説します。

 

大当たりすると

デジパチでは大当たりすると、「アタッカー」と呼ばれる部分が開きます。

玉が一定数(7〜10発くらい、機種によって違います)入るまで開きっぱなしになり、アタッカーに玉が入ると払い戻しの玉が出てきます。

デジパチでは、アタッカーが解放されることで、持ち玉を増やすことができるのです。

attacker

 

ラウンド

アタッカーは一定数玉を拾うと、一旦は閉じます。

アタッカーが開いてから一定数の玉を拾い、閉じるまでの間を1ラウンド(1Rと表記することもあります)と呼びます。

このラウンドが16回、4回(機種によって違います)とセットになることで、大当たり後はだいたい同じくらいの出玉を得ることができます。

なぜこのような方式になっているかというと、1発の払い戻し最大数が法律で規定されているからです。

1発の払い戻し数は最大でも15発と規定されているので、たくさん玉を拾わせなければ、大量の払い出しをすることができないのです。

 

大当たり中はどこを狙えば良い?

通常時はスタートチェッカーを狙って玉を打ち出しています。

では、大当たり中はどこを狙えば良いでしょうか?

狙う場所を間違ってしまうと、せっかく大当たりしたのに、出玉を得ることができません。

台によって違うので、しっかりと確認しておきましょう。

 

そのままで良い台の場合

アタッカーが盤面の中央下にある場合、ほとんどの台はスタートチェッカー狙いと同じ場所でOKです。

スタートチェッカーを狙って外れた玉がアタッカーに入るような構成になっています。

一昔前までは、このタイプが圧倒的多数でした。

液晶画面や音声などで何も指定されない場合は、そのままで大丈夫でしょう。

 

右打ちが必要な場合

「右打ちしてください」などと出た場合、右打ちが必要です。

音声や液晶画面、LEDランプなどで示唆されます。

その場合、ハンドルを最大限、右にひねりましょう。

思い切り玉が勢い良く飛び出し、普段とは全くべつのコースを通ります。

台を設計する都合上、通常時と大当たり時のルートを分けているので、あまり気にしなくても大丈夫です。

migiuti

 

 

注意! 大当たり中に席を立つのは止めよう!

アタッカーは時間が経つと、勝手に閉じてしまいます。

普通に打ち続けている場合は、規定の個数分玉を拾わないことはまずないのですが、大当たり中にトイレなどで席を立ってしまうと、規定の払い戻しを受けられなくなってしまいます。

せっかく大当たりしたのに、もったいないですよね。

大当たり中だけは、席を立つのをやめましょう。

 

玉が出たら

大当たり中は玉がどんどん台から出てきます。

そのまま何もしなければ、溢れてしまうでしょう。出てきた玉を箱に詰めなければなりません。

 

焦らなくても大丈夫

玉がどんどん溜まって行き、何をすればいいのか焦ってしまうかもしれません。

でも、大丈夫です。

確かに、何もしなければ玉は一定数以上は払い出されなくなるでしょう。

「玉を抜いてください」という注意の声が、台から出るかもしれません。

しかし、台は実際に払い戻すべき玉の数を記憶しています。

すべて大当たりが終わってから箱に詰めても、途中で箱に詰めたのと同じ数だけ払い出されます。

なので、焦らず対応しましょう。

 

玉の抜き方

玉は最初、上皿に払い出され、上皿がいっぱいになると下皿に払い出されるようになります。

下皿にはレバーが付いていて、レバーをスライドさせると下皿から箱に玉が落ちます。

箱は通常、すでに下皿の下に置いてあるはずです。(お店の人が置いてくれます)

下皿のレバーはボタンの場合もあるので、打つ前に確認しておく方が良いかもしれません。

sitazara

 

箱がいっぱいになったら

店員さんを呼んで、新しい箱を持ってきてもらいましょう。

自分で箱を持ってくる必要はありません。

台の上の呼び出しボタンを押しましょう。少し待てば、店員さんが持ってきてくれるはずです。

呼び出しボタンを押すと、ランプがピカピカ光り始めます。店員さんはそのランプがつくと、呼ばれたと認識して、箱を持ってきてくれます。

店員さんは、自分が呼ばれるのは箱を交換してほしいケースが多いと知っているため、何も言わなくても箱を持ってきてくれるでしょう。

特に声をかける必要はありません。

新しい箱を渡されるので、それを受け取ります。すると、店員さんはいっぱいになった箱を、床に下げてくれます。

そのままプレイを続けましょう。

 

      2016/05/09

 - パチンコの遊び方