パチスロ初心者講座 目押しの意味

このページでは、目押しと言う言葉の意味、必要性について解説します。

練習方法やコツについては、こちらのページでまとめていますので、そちらをご覧ください。

 

目押しとは?

パチスロをやっていると、「目押し」と言う言葉をよく聞きます。

単純な言葉の意味としては、「狙った絵柄を有効ラインに止めること」です。

くるくる回っているリールを見て、タイミングよくストップボタンを押すことで、揃えなければいけない図柄が有効ラインにストップするのです。

有効ラインは機種によっても違いますが、大体の機種では3×3マスの見えている部分に、一直線(斜めも含む)に図柄が並べば揃ったことになるでしょう。

meoshi_soroi

 

目押しは毎回必要なの?

機種によって違いますが、毎回必要とは限りません。

例えば、ボーナスが当たって、ボーナス図柄を揃える時だけ必要な場合もあります。

一方で、特定の子役が揃った時だけ必要なものもあるし、全く目押しの必要がない機種も存在します。

基本的に「ベル」、「リプレイ」あたりは目押しをしなくとも揃うし、「チェリー」、「スイカ」、「ボーナス図柄」は目押しが必要な機種が多いでしょう。

 

スベリについて

ほとんどのパチスロ台には、目押しをサポートしてくれる機能が付いています。

それが、「スベリ」です。

パチスロ台はストップボタンを押したタイミングから最大4コマの範囲で、リールが止まるタイミングを調整して良いことになっています。

ただし、リールの逆回転まではできないので、4コマ先までの範囲で調整することになります。

suberihani

パチスロのコマ数は21コマですので、約1/4くらいなら台で調整してくれる、ということですね。

なので、そこまで神経質にならなくとも、大体のタイミングさえ合えば、あとは台で調整してくれるケースが多いでしょう。

若干早めに押す方が、サポートを受けやすくなるので、遅めよりは早めを狙ってみましょう。

 

目押しが必要な図柄の見分け方

台によって、リールに配置された絵柄は異なります。

台の横に説明書があるなら、必ずリールの配列表が載っているはずです。一度、じっくり見てみましょう。

リプレイ図柄やベル図柄は4コマ間隔くらいで配置されていないでしょうか?

そうです。4コマ以内に1つ以上の間隔で配置されているなら、リール制御で全て揃えられるのです。ストップボタンを押すタイミングは関係なく、揃えようと思えば、必ず揃えられる構成になっているのです。

逆に、ボーナス図柄は1つのリールに1個か2個しか配置されていないのではないでしょうか?

そんな場合は、目押しが必要になります。

 

外し制御

パチスロ台はスベリによって図柄を揃える制御も行いますが、逆に、外す制御も行っています。

抽選に当たっていない場合、役が揃うタイミングでストップボタンを押したとしても、スベらせて外してしまいます。

どんなにタイミングが正確だったとしても、リールはずれて止まります。

なので、目押しが完璧ならば絶対に負けない、というものでもありませんので、注意してください。

 

目押しの必要性

これまで目押しという言葉の意味を説明してきましたが、ご理解いただけたでしょうか?

「目押しができれば勝てる」、というのは間違いです。

また、「目押しができなければ絶対に勝てない」、というのも間違いです。

目押しは、「できると余計な損をしなくても済む」という程度の認識が、正解なのでしょう。

しかし、損を減らすというのは大切なことです。

15枚の払い戻しを1回取りこぼしてしまうと、20スロなら300円損してしまいます。

7を揃えるのに1回失敗すると、60円損してしまいます。

なので、しっかりと練習しておくことをお勧めします。

 

      2016/05/04

 - パチスロの遊び方